善玉菌を増やすならサプリが効果的!

 

善玉菌が減ると

 

悪玉菌と善玉菌というのは、腸の中に存在している細菌です。常に、腸内では、悪玉菌と善玉菌が腸の主導権をかけて戦っている状態になっています。

 

悪玉菌のほうが数が多くなると、腸内だけではなく、体の状態も悪くなってしまいます。反対に善玉菌が多くなると、腸内や健康の状態がよくなるのです。

 

このように、健康を保つためには、善玉菌が必要なのですが、仮に善玉菌が少なくなってしまったりいなくなってしまうとどうなると思いますか?

 

そもそも、この善玉菌というのは、色々な働きを担っています。ビタミンやホルモンを作り出してくれたり、コレステロールを減らす、細菌やウイルスなどの撃退などといった役割があるのです。

 

善玉菌が減ってしまうということは、反対に反比例するように悪玉菌が増える状態になってしまいます。すると、腸内環境は当然悪くなってしまい、便秘や下痢になってしまいやすくなります。さらに、口腔内の状態も悪くなってしまって、歯周病や口臭の原因になりやすくなってしまいます。

 

そして、善玉菌が減ってしまうことで、コレステロールも高くなりますし、免疫力が低下することで、アトピーや花粉症などのような症状が出てしまいやすくなります。また、悪玉菌が増えることで、発がん性物質も大量に生成されてしまいますから、大腸がんなどの危険性も高くなってしまうのです。

 

このように考えると、善玉菌というのは、どれほど必要なものなのかがわかるかと思います。しかし、現実問題として、悪玉菌が増えてしまっている人のほうが多くなってきているのが実情です。細菌は花粉症などの症状に悩む人も多くなっているのですが、もしかしたら善玉菌が減ってしまっている人が多くなっていることと因果関係があるのかもしれません。

更新履歴