善玉菌を増やすならサプリが効果的!

 

善玉菌が減ると

 

悪玉菌と善玉菌というのは、腸の中に存在している細菌です。常に、腸内では、悪玉菌と善玉菌が腸の主導権をかけて戦っている状態になっています。

 

悪玉菌のほうが数が多くなると、腸内だけではなく、体の状態も悪くなってしまいます。反対に善玉菌が多くなると、腸内や健康の状態がよくなるのです。

 

このように、健康を保つためには、善玉菌が必要なのですが、仮に善玉菌が少なくなってしまったりいなくなってしまうとどうなると思いますか?

 

そもそも、この善玉菌というのは、色々な働きを担っています。ビタミンやホルモンを作り出してくれたり、コレステロールを減らす、細菌やウイルスなどの撃退などといった役割があるのです。

 

善玉菌が減ってしまうということは、反対に反比例するように悪玉菌が増える状態になってしまいます。すると、腸内環境は当然悪くなってしまい、便秘や下痢になってしまいやすくなります。さらに、口腔内の状態も悪くなってしまって、歯周病や口臭の原因になりやすくなってしまいます。

 

そして、善玉菌が減ってしまうことで、コレステロールも高くなりますし、免疫力が低下することで、アトピーや花粉症などのような症状が出てしまいやすくなります。また、悪玉菌が増えることで、発がん性物質も大量に生成されてしまいますから、大腸がんなどの危険性も高くなってしまうのです。

 

このように考えると、善玉菌というのは、どれほど必要なものなのかがわかるかと思います。しかし、現実問題として、悪玉菌が増えてしまっている人のほうが多くなってきているのが実情です。細菌は花粉症などの症状に悩む人も多くなっているのですが、もしかしたら善玉菌が減ってしまっている人が多くなっていることと因果関係があるのかもしれません。

 

腸内環境を整える

 

腸内改善に役立ってくれるのが、乳酸菌の良いところです。優れた整腸作用を持つ乳酸菌は、毎日を元気に過ごすために欠かせない成分です。

 

「健康の秘訣は腸にある」ともいわれており、腸内細菌のバランスがとれている人は健康です。善玉菌が住み着きやすい環境作りをしてあげることを、心がけてください。

 

方法としては、体に良いものを食べるようにして、タンパク質に偏った食事には注意してください。食物繊維は、腸に溜まった老廃物や有害物質を排出してくれます。

 

悪玉菌が増える油ものを控えることも、大切です。善玉菌の良質のエサとなるのが、穀物です。米などの主食は省かないようにし、添加物の多いインスタント食品はあまり食べないようにしましょう。

 

もちろん、乳酸菌をとることも忘れないようにしてください。ヨーグルト、味噌など、身近なところに発酵食品はたくさんあります。それらの発酵食品は、善玉菌に活力を与えてくれるのです。そのほか善玉菌を増やすラクトフェリンなんかがおすすめです。

 

腸内環境を良くするためには、体を適度に動かすことも大切です。ストレス解消には運動が効果的で、腸の機能低下を抑えます。栄養分を消化吸収するには、腸の正常な働きが重要です。

 

筋力が低下することも、腸のぜんどう運動を弱めてしまう原因です。新陳代謝や血液循環を高めるにも運動は有効で、腸を活性化してくれるのです。

 

医薬品をよく利用している人は、抗生剤が善玉菌を減らすことも覚えておきましょう。病院で治療に必要といわれている場合は別として、薬にばかり頼っていてはかえって体を悪くしてしまうことがあります。

オリーブオイルを摂ればコレステロールは下がるのか?

著名な意思が普段から、毎日スプーン一杯分のオリーブオイルを飲んでいるということが紹介されたことによって、健康にオリーブオイルが良いということが広まりました。

 

しかし、オリーブオイルは油分なのに、本当に毎日摂取しても大丈夫なのだろうかと思った人もいらっしゃるのではないでしょうか?油分というのは脂肪酸が含まれているのですが、この脂肪酸は不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸が存在しています。

 

飽和脂肪酸は、肉や牛乳などのような動物性脂肪が含まれている食品や、やし油やココナッツ油などにたくさん含まれています。この飽和脂肪酸を摂取することでエネルギーを生み出すことができます。ですが、摂取しすぎてしまうと今度は生活習慣病を発症する可能性も高くなってしまいますから適度に摂取する必要があります。

 

反対に飽和脂肪酸が不足している場合、脳出血などになってしまう危険性が高くなってしまいます。過剰摂取してしまった場合、コレステロールが大量に血液中を流れるようになってしまい、肥満や高血圧、糖尿病、冠動脈疾患などを発症する可能性が高まります。

 

現代人というのは、この飽和脂肪酸が非常に増えてしまっている人が多いといわれています。対して、オリーブオイルに含まれている脂肪酸というのは、一価不飽和脂肪酸といわれるものとなっています。

 

不飽和脂肪酸は、飽和脂肪酸とは逆にコレステロールを下げる作用が期待できるといわれています。この不飽和脂肪酸は多価不飽和脂肪酸と一価不飽和脂肪酸に分類されています。コレステロール低下におすすめのサプリはこちら→http://xn--18j3fwekr2f1fogehn4p7189a.com/

 

一価不飽和脂肪酸を摂取することによって、悪玉コレステロールだけを減少させて、善玉コレステロールは残すことができるのです。多価不飽和脂肪酸はコレステロール全般を減らす作用があるため、体に必要な善玉コレステロールまで少なくさせてしまうのがデメリットと言えるでしょう。

 

オリーブオイルに含まれている成分を見てみると、オレイン酸が7割を占めています。オレイン酸は参加しにくいという特性を持っていますし、安定性も高くなっています。このオレイン酸が、悪玉コレステロールだけを排除してくれるため、高血圧や動脈硬化などのような、現在悩ませている生活習慣病の予防をしやすくしてくれると考えられているのです。

 

この他にも、オリーブオイルには、ビタミン類や抗酸化作用が高いといわれているポリフェノール、βカロチンなども豊富に含まれています。そのため、活性酸素の作用を防ぐことができるため、血管などを若く保ちやすくすることができるのです。

 

また、胃に対してもあまり負担をかけることがないため、これまでに胃炎などのような胃の病気の治療で用いられてきたれ式もあります。さらに、便秘を改善させる作用もあるため、生活習慣病に警戒をしている人だけではなく、女性からもオリーブオイルは注目度が高いのです。

 

欧米の場合では、大匙4杯程度のオリーブオイルを毎日摂取するのが望ましいとされているのですが、日本人は体が小さいですから、一日に大匙1〜2杯程度のオリーブオイルを飲むのが良いといわれています。このオリーブオイルの中でも、エキストラバージン・オリーブオイルはポリフェノールが豊富に含まれていますから、抗酸化作用も期待することができます。

 

猫のフードの好みは?

 

猫の好みというのは人間にはわからないものです。基本的には、どのくらいフードに食いついているかで考えるしかありません。

 

企業などが商品を開発する際は、いろんな要素を数字化してデータを取っていきますが、それでもやはり個体差がありますから、各自の猫については飼い主がよく見て観察し、適切なものを与えるのが一番です。味を左右する要素として、塩気、油分、タンパクなどがあります。

 

野生の猫や猫科の動物は肉食動物ですが、捕獲した獲物の腸から食べ始めるそうです。どうしてかというと、草食動物が食事で摂取した未消化の草を食べつつ、酵素などを同時に摂取するためなのだそうです。多少消化された状態の草などは肉食動物である猫でも消化しやすいとうわけです。また、塩分やミネラルは岩塩や土を食べながらバランスを取っているそうです。すごいですね。

 

さて、そういった特徴を持っている猫は、それほど塩分を食事で必要とはしません。油分もそれほど必要とはしていません。こういったものが多くなると、食いつきも悪くなりますし、また腎臓病や肥満の原因になりますから注意が必要です。

 

タンパク質は多いほど猫は喜ぶ傾向があるものの、やはりこれも過剰になると、グルメになって偏食が起こったり、また腎臓を傷める原因にもなります。タンパク質は必要不可欠な成分ですが、あくまで適量が大事で、過不足なく与えることが大切です。

 

他にも温度条件や水分の含有量など、体調や気候でも変わる部分があります。フードの状況や飼い猫の状況をよく考えながら、その猫の好みを注意深く探しましょう。提供されているフードが、そのまま最高のバランスではないので、時には複数種類のフードを混ぜてみるなど試行錯誤をしている人も多いようです。⇒ダイエットしたい猫におすすめのフードはこちら

 

人間に重要なトリプトファン

 

トリプトファンは必須アミノ酸の一種で、不足することによってうつ病や睡眠障害のリスクが高まると言われています。

 

このトリプトファンは、体内では合成できないので体の外から持ってきて摂取する必要があります。基本的に多くの食品に含まれていて、肉類や麺類や卵、野菜などにもありますから、摂取するのに困るというようなものではありません。⇒トリプトファンに含まれる食べ物は?を参考に

 

トリプトファンは多くの働きがありますが、代表的なものがセロトニンという脳内物質の合成で使われることです。セロトニンができると、ストレスを抑えたり、イライラを防いで集中力を高めたりする効果があると言われています。また、精神的に安定するようになると言われています。

 

このセロトニンは睡眠ホルモンであるメラトニンの材料にもなり、不眠の改善や質の高い睡眠のためにも重要なものです。

 

トリプトファンはナイアシンの合成材料にもなっていて、肥満予防や二日酔いの抑制など様々な効果を発揮します。体内でトリプトファンは多くの物質と結びついて働く便利屋であり、なくてはならないものなのです。

 

トリプトファンはアルコールの摂取によって減ると言われていますから、アルコールを遠ざけることも大切です。アルコール依存症の患者の中には、セロトニンやトリプトファンが少ない人が多いと言いますので、しっかり栄養管理をすることで禁酒もうまくできるようになると考えられています。

 

トリプトファンは他のアミノ酸と一緒に摂取すると脳にうまく運ばれないので、可能なら植物性の食品からトリプトファン単体で摂取するのが良いそうです。

更新履歴